2019年10月16日

台風

この度の台風で被害に合われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。
posted by 林 まさみつ at 11:59| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花は籠がよく合う

花は籠がよく合う、そうおっしやるのは熊本のOさん。
以前から僕の花籠を使っていただいている方です。
他の方の花籠も何点かお持ちのようです。
ただ残念なことに*おとしがなくなって花が生けられず、眠らせているそうです。
それで、おとしを分けてもらえないかと連絡がありました。
時々そういう方がいらっしゃいます。
購入先か作り手に注文するのが一番いいのですが、いろいろな理由で難しい時もあるかもしれません。
当工房では出来る範囲でお分けするようにしております。

*おとし
花籠の中に入れる筒。この中に水を入れ、花をいける
posted by 林 まさみつ at 11:54| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

越冬ピーマン

昨年の春に購入したピーマンの苗、晩秋になってもプランターの中で枯れる様子がありません。
刈り込んでそのままにしておきました。
すると、春になって再び成長を始めました。
茎が伸び、葉が繁り、夏になって花を咲かせました。
条件が良ければ、ピーマンは越冬するようです。

写真は越冬ピーマンと甘長とうがらし

P9250138.JPG
posted by 林 まさみつ at 17:02| Comment(0) | 一坪菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘチマたわし

ふと、ヘチマを育てようと思い立ち、今年のはじめに種を購入しました。
ヘチマたわしを作って、水まわりで使ってみようと。

育てる場所を多くとれないので、2本だけ育てることにしました。

ヘチマの身が大きく育ち、黄色くなった頃に皮をむくと、中からスポンジ状の繊維が出て来ます。
それを水でよく洗い、種を取り出し、乾燥させればヘチマたわしの出来上がりです。

P9300153.JPGPA020158.JPG

posted by 林 まさみつ at 11:10| Comment(0) | 一坪菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

渋沢栄一の言葉

渋沢栄一の言葉とされる?夢七訓というものが新聞広告に使われていました。
自分のためにアレンジしてみました。

幸福を求める者は
夢と理想と信念を持ち
計画を立て、実行に移す
やがて成果を得、
幸福であることに気付く
posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

イチジクの収穫

隣の家にイチジクの木があります。イチジクの木は長く伸びるので、僕の家の敷地まで伸びてきて実を付けます。
毎日、脚立を使って収穫し、朝食にいただいています。
持ち主である、隣のTさんにも持っていきます。
すると、ゴーヤーやピーマンなど畑で作った夏野菜を持ってきてくれます。

何と言いますか、二重にいただきものをしていることになります。

P9210131.JPG
posted by 林 まさみつ at 17:46| Comment(0) | 一坪菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

天を向くサヤ

長辺2センチ程の植物のサヤ
茶色に枯れてくると上部が開く
さらに、手で開いてみると、
4部屋に分かれていることがわかる
1つ1つの部屋は薄い膜で2つに仕切られている
つまり、サヤの中は8部屋に等分されている
その、細長い1部屋1部屋に
3ミリ程の白っぽい種子が
1列に並んでいる
高い密度で、整然と、美しく

P9130017s.jpg
posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 一坪菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

越冬ブラジルミニトマト

昨年、公益財団法人自然農法国際研究開発センターが育成しているブラジルミニの種をいただいたので、育ててみました。
支柱は必要ないとのことでしたが、よく伸び、よく繁りました。
ただ、完熟しないと味が乗ってこない感じがします。
それで、来年はどうしようかな、と思っていましたら、秋にこぼれ種から何本かの芽が育っていました。
これから冬が来ます。
トマトの越冬は無理だと思ったのですが、ポットに取って、家の玄関の中に入れておきました。
ほぼ水やりもせずに。
春先になって、枯れずにいましたので一本定植しました。
すると、昨年よりも大きく繁りました。
木村秋則さんの横倒し方が良かったのか越冬苗が良かったのかはわかりません。
ただ、味は完熟させないと乗ってこない感じが。

P8210105s.jpg

posted by 林 まさみつ at 16:11| Comment(0) | 一坪菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

竹バッグの修理

P9060121s.jpg

P9060124s.jpg

P9170129s.jpg

P9170130s.jpg

竹バッグの修理依頼が来ました。
修理前と後の写真です。
ハンドルのジョイントが壊れています。
定番の竹バッグでしたら、ほぼ元通りに修理できます。

底角近くの編みヒゴにひびが入っています。普通に使っていれば、ひびは入りません。
何か強い力が掛かったのだと思います。
新しく編みヒゴを差し入れました。

漆で仕上げるため、しばらくの間、色が濃く感じられるかもしれません。が、しだいに一体化していきます。

これまで、竹バッグの修理は片手で数えられる程しか経験していませんが、どれも直せています。
...
posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

クワガタ

昆虫が少ないなと思っていましたら、庭にクワガタが来ました。
そして、言いました。

自分なりに感じ
自分なりに考え
自分なりに表現してみる
このことが出来るようになると、知識や情報は役に立つ

P9030120s.jpg


posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 一坪菜園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事をTwitterにつぶやく