2015年12月29日

無敵の人

日曜日、一人で仕事をしながら、珍しくラジオをつけていました。「無敵の人」という歌が流れてきました。

頑張っている人に
掛ける言葉はない

頑張っている人は
そのままで綺麗だ

頑張っている人に
掛ける言葉はない

頑張っている人は
そのままで未来だ

こんな歌でした。ちょっといいなと思いました。

「無敵の人」
フラワーカンパニーズ



posted by 林 まさみつ at 09:19| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

12月24日聖夜

image.jpeg

工房の近くに教会があります。夜、いつもとは少し違った鐘が鳴り、クリスチャンにとっては、一年で最も大切な時間が始まるのだと想像します。
同じ夜、外ではクリスマスイベントの花火大会が始まりました。大きな爆音が町中に鳴り響いています。

イブの夜は静かな方がいいのではないか、と思います。
posted by 林 まさみつ at 22:41| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

2015年12月21日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 冬至 No.212

20151221PC220839.jpg

   ・二十四節気:冬至 (とうじ)
日南の限りを行て日の短きの至りなれば也(暦便覧)
一年中で最も夜の長い日。この日より日が伸び始めることから、古くはこの日を年の始点と考えられた。冬至南瓜や柚湯の慣習が残る日。

・花:ナンテン
・花器:びく

幸福な道は常識の中にはない
「老子・荘子の言葉100選」境野勝悟著

きのう読んだ本にそう書かれていた。勇気付けられます。
posted by 林 まさみつ at 09:53| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

季刊誌チルチンびとさんで紹介

img069.jpg

今月発売の季刊誌、「チルチンびと86号」に、けはれ竹工房が紹介されました。
初期の頃の号で、自然塗料のことや日田杉の入手方法などを知りました。
この度、ご縁があって紹介していただき、感謝しています。
posted by 林 まさみつ at 17:10| Comment(0) | 花道家のコトバから学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

岡山県津山市のKIZOWさんでの展示会のお知らせ

●えあまの箸と竹バッグ展

2015年12月3日から年末まで 

場所 KIZOW

岡山県津山市本町3-20

TEL 0868-22-0233

FAX 0868-22-3177

営業時間 10:00〜18:00 

定休日 毎週火曜日
posted by 林 まさみつ at 15:39| Comment(0) | 花道家のコトバから学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

ニュースレター冬号

selectbeppu.jpg


一月ほど前に取材を受けた、セレクトベップさんのニュースレターが出来上がり、届けていただきました。

表紙は当工房の箸です。新しい年に新しい箸をという内容です。
裏面は僕のことが書かれています。箸作りについて尋ねられると思っていましたが、そうはならず「そもそもなぜカゴ作りをすることになったのですか」という質問を受けました。
二十代の頃は現代美術の世界で作品発表をしていて・・・という話になり、「ではなぜ、そもそも現代美術の作品発表をすることになったのですか」と聞かれその理由を話す、という展開です。竹バッグ作りについての話もあり、盛りだくさんです。

店長吉村さんの、質問力と文章力のおかげでとても良く書かれています。

posted by 林 まさみつ at 12:39| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

2015年12月7日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 大雪 No.211

20151207PC070836.jpg

   ・二十四節気:大雪 (たいせつ)
雪いよいよ降り重ねる折からなれば也(暦便覧)
朝夕には池や川に氷を見るようになる。大地の霜柱を踏むのもこの頃から。山々は雪の衣を纏って冬の姿となる頃。

季節外れのニチニチ草。ミニトマトもこぼれ種が芽を出して伸びています。良いことか悪いことか、たぶんどちらでもない。

・花:日々草
・花器:掛花 ぽけっと温泉染め
posted by 林 まさみつ at 13:06| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事をTwitterにつぶやく