2020年01月20日

ウインドファームさんから届いた新年のニュースレターからの抜粋です。

一年前にメキシコの大統領に就任したロペスオブラドール大統領は、素晴らし就任演説を行いました。
「私たちは自然を破壊することなく生産性を向上させる森林農法を推進します。遺伝子組み換え種子の導入および使用は認めません。フラッキングのように、自然に影響を及ぼし、水源を枯渇させるようなガス、石油あるいはいかなる自然資源の抽出産業も認めません。環境に影響を与える経済、生産、商業は認めません。土壌、水および空気の汚染はくい止めます。動植物は保護します。水は民営化させません」


森林農法
アグロフォレストリー。多様な樹木を植栽し、その間で農作物や家畜を栽培・飼育する農林業。木や草花などの植物、動物、昆虫、鳥類、菌類など生物が多様で豊かな場所は健康で、全体のバランスがとれている。そういう森は農薬や化学肥料を使用する必要がなくなる。
そして、森からは食料、薬、木材、飼料、燃料、樹脂など多くの恵みを得ることがでできる。


フラッキング
水圧破砕法。地下の岩体に超高圧の水を注入して亀裂を生じさせる手法。シェールガス、シェールオイルの採取に用いられる。

化学物質を含む大量の水が使われるため水質汚染、大気汚染、地域の水不足、騒音、地震発生の危険性など多くの問題が指摘されている。
posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事をTwitterにつぶやく