2009年03月30日

花の心を思う 続

「いける人自らの心を大切にしつつ、
花の心を思いやっていける、というのがいけばなの基本です。
このいけ花の目指すところは人間の内面を磨くということ…。」

「いけばなは、花の心をくみとり、花の気持ちになっていける
ことに意味があります。そのためには、自然をよく見ることが大切。
(中略)…というように相手をよく知ることが“心を込める”という
ことなのです。その精神は人と人の情の交わし合いにつながっていきます。」
(『花のこころ一日一話』池坊専永著より)

人間同士が相手のことをよく知り、相手の心を思いやる、
そのことが大切であることと同じように、
花も命ですから、花にも心があり、花のことをよく知り、
花の心を思うことが大切、ということですね。

人は植物と会話することができたら、という願いを持っている気がします。


posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 花道家のコトバから学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事をTwitterにつぶやく
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。