2009年06月21日

2009年6月21日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 No.58

20090621.JPG
 
・花:千日紅(センニチコウ)
・花器:掛置花籠 しもがすり

・二十四節気:夏至(げし)
夏至の日には太陽の中心が夏至点を通過し、北半球では昼が最も長く、夜が最も短い日となる。日本の大部分は梅雨の最中。
(にっぽんの季節を楽しむお役立ち手帳2009 株式会社フェリシモ発行)より

Mさんが家から持って来てくれました。これを見て気付きました。先日近所の方からいただいた名前のわからない花はコレです。赤くて大きい花もセンニチコウだそうです。
posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事をTwitterにつぶやく