2010年11月15日

工藤亜美さんの言葉 2

器に許され、認められ、喜んでもらえる花をいけたい。
意志があると思わせる器の魔力である。
(『一花一葉』アジェット婦人画報社 平成11年11月11日)より


こんなふうに思って花をいけられている人もいるのですね。花に、いける人に認められ、喜んでもらえる花かごをつくりたい。

小さきものへの憧憬と畏怖
花を見つめるとき、その大きくとらえた姿の美しさとは別に
細部のおもしろさがみえてくる。小さな花、私の見つけた小さな部分を表現することにあこがれた。
(『一花一葉』アジェット婦人画報社 平成11年11月11日)より

小さな花の一輪一輪もよく観察するととても美しい。そんな小さな花をクローズアップしていけることもひとつのあり方だと思います。「草木染創作花かご」の中にもミニチュアシリーズがありますが、まさに「小さきものへの憧憬と畏怖」です。


ラベル:工藤亜美
posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 花道家のコトバから学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事をTwitterにつぶやく
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。