2012年07月22日

2012年7月22日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 大暑 No.132

RIMG0514.jpg

・花:コエビソウ 
・花器:掛け花籠 ほうび竹びく

   ・二十四節気:大暑(たいしょ)
暑熱もっとも甚だしいと言う意で大暑と呼ばれる。毎年七月二十三日頃である。

コエビソウはもっと赤く大きな花を付けるのですが、連日の雨のためか成長していません。それでも一生懸命生きている感じがします。前回、小暑の時に梅雨明け間近と書きましたが、実は大分県はいまだに梅雨明けしていません。記録的な大雨で山間部は大きな被害がでています。
posted by 林 まさみつ at 14:00| Comment(0) | 花道家のコトバから学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事をTwitterにつぶやく
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。