2012年09月07日

2012年9月7日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 白露 No.135

20120907RIMG0549.jpg

・花:ツユクサ、キンミズヒキ、タデ 
・花器:掛け花籠 夕映

   ・二十四節気:白露(はくろ)
野の草花に露が宿るころ。薄の穂が顔を出し、秋の趣がいっそう濃く感じられる。早いところから稲刈りの時期を迎える。

朝方の涼しさと夜の虫の音の賑わいには、秋の始まりを感じます。日中は、まだ蒸し暑く、毎日のように雨が降り、爽やかな季節はもう少し先のようです。





posted by 林 まさみつ at 13:26| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事をTwitterにつぶやく
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。