2012年11月13日

竹を剥ぐ

K0010192.jpg
みがき、割り、の次ははぎです。
竹の皮に近い側と身側を、剥いで二つに分けます。

写真右側は、それをさらに二つに割り、再び剥いだものです。これをさらに剥ぎます。


posted by 林 まさみつ at 16:35| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事をTwitterにつぶやく
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。