2013年09月09日

竹のインスタレーション

水が満たされた透明な3本の筒に、植物の葉が入っています。
その横に、長い竹ヒゴが曲線を描いて天井から下がっています。
これは、暑い夏に涼を呼ぶための演出ですね。

7月末、松山市にある明日(あけび)さんにディスプレイに使いたいからと
長さ4メートルの竹ヒゴを頼まれました。
どんな風に使われるのか関心を持っていましたら、つい先日写真が送られて来ました。

これは、コンテンポラリーアートにも見えます。
image-20130909113903.png




posted by 林 まさみつ at 11:39| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事をTwitterにつぶやく
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。