2013年09月12日

花籠の修理

竹バッグに続いて、花籠の修理依頼もありました。珍しく今年は修理が二件入りました。

何か細い物で突いたのか、ひっかけたのか、一ヶ所だけヒゴが弾けていました。二本寄せになっているヒゴの一本は折れているので、切って接ぐことにしました。隣のもう一本は、表面が削げているだけなので、表面をはがしてそのまま使うことにしました。見た目は少し悪くなりますが、なるべく接がないでそのままヒゴを生かした方がいいと思います。
その後、漆塗りの工程を三回経て完成です。

写真を見て下さい。仕上がったばかりなので、漆が発色して、修理部分の色が濃くなっています。半年くらいで全体と同じ色になり、馴染んで来る予定です。半年後の写真も撮りたいのですが、今日発送です。
image-20130912100434.png
posted by 林 まさみつ at 10:04| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事をTwitterにつぶやく
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。