2019年05月31日

花籠の写し

すでに亡くなられた花籠作家の作品の写し(コピーする)の仕事をしています。
昨年から始めて7点のうち4点が終わりました。
どうなっているのかわからない所や、どうしてこうするのか理解出来ないことが多々あります。
どうなっているのかわからない所は何とかしますが、どうしてこうするのか理解出来ないことはそのままにしています。
聞こうにも本人はもういません。聞けない方が平和でよかったかもしれません。
写しをしていて、そう思いました。写しをしていると性質や気分まで移ってくるような気がします。
気のせいかもしれませんが。
posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事をTwitterにつぶやく
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。