2013年05月29日

種飛ぶスミレ

K0010327.JPG
スミレの種って土の中から出て来るのですか。

花の終わったスミレを工房の窓辺に置いて観察をしていました。
毎日見ていると、種が入っているらしいもの(きっと名称がある)が、下の方でだんだん大きくなり、数週間掛けて上の方へ持ち上がってきました。
ある日、真上まで持ち上がって三つに割れました。
やはり、種です。始め白っぽいのですが、だんだん色が濃くなって来ました。

それから数時間後、不思議です、種は姿を消してしまいました。


種は飛ぶのではないかと誰かが言い始め、次の機会にはビーカーで蓋をして観察をすることにしました。

そして、その機会いがやって来ました。
小さなスミレにビーカーで蓋をしてしばらくすると、チンチン、チンチンという小さな音がします。種が弾け飛んでビーカーの内側に当たっている音です。スゴい!
posted by 林 まさみつ at 11:50| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工夫を重ねる

6月下旬から作品展をさせていただく、東京・うつわやの荒川さんと先日終わった三重県四日市・ギャラリーようの佐藤さんから「えあまの意味は?」と尋ねられました。

荏油と亜麻仁油の頭の文字をあわせて「えあま」としたのですが、今日書きたいのは別のことです。


えあま、つまり竹製塗箸の仕事を始めたときに、けはれとは別の名称を考えました。
そして、えあまに決めたのですが、他に「くふくふ工房」という名称も考えていました。
工夫を重ねるということです。工夫に工夫を重ねて、楽しく仕事をしていきたいという思いが込められていました。気に入っていたのですが、言いづらいので止めました。く・ふ・く・ふ、言いづらいですよね。

先日何かに「仕事とは、工夫することである」と書かれていました。共感。
posted by 林 まさみつ at 00:31| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

あやめ

K0010313.jpg
アヤメの花が咲きました。
毎年同じ場所、同じ季節に花が咲くことには心が和みます。

変化を受け入れ、変化を求められる日常のなかで、変わらないものには心が癒されます。
posted by 林 まさみつ at 14:01| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

枠からはみ出して考えること

K0010315.JPG
コロンビア大学附属病院で働く外科医、加藤友朗さんの著書に「枠からはみ出して考えること」「あきらめず粘ること」これが医師としての僕の基本姿勢だとかかれています。

既成の考えや、自分の思考パターンから意識的に抜け出して創造的な発想をすること。

僕にとっても当然必要な思考ですが、おそらく誰にとっても大事な思考なのだと思います。
しかし、なかなか枠から抜け出せません。
posted by 林 まさみつ at 11:41| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

白と赤紫の紫蘭

RIMG0786.jpg

7月に名古屋丸栄百貨店で作品展があります。
そのDMハガキに使う写真を撮りました。
使われる写真は一枚なのに、花をいろいろ集めてしまいます。

この、白と赤紫の紫蘭は、スタッフが持ってきてくれたものです。
が、撮影には使いませんでした。

こんなに綺麗なのに。
posted by 林 まさみつ at 15:26| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

四日市市のギャラリーようさんで

ssRIMG0750.jpg

今日から、ようさんで作品展が始まりました。
店主の佐藤さんはお茶をされているので、花籠を扱っていただくのは安心です。
お客様も相談しやすいのではないでしょうか。

ところで、早速お客様から質問をいただきました。

新作の目のすいたバッグの編み方はなんと言うのですか?

これは透かし網代編み、詳しくは二本飛び横透かし網代編みです。

籠の染色はどの段階でするのですか?

ヒゴの段階でする場合と、籠になってからする場合とあります。先染め、後染めといいます。
posted by 林 まさみつ at 15:51| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

男性客が多い

大丸京都店での林まさみつ特集が終わりました。6階の売り場では引き続き作品は置いていただきます。

売り場のUさんによると、僕の花籠は男性客が多いらしいです。それは珍しいことのようです。
でも、どういうことなのでしようか。良いことでしょうか。考えてみましたがわかりません。
今度Uさんに聞いてみたいです。

ところで、ここでも新作の透かし編みバッグをほめられました。編み目と布の組み合わせがいいと。
posted by 林 まさみつ at 10:28| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

籠づくりの栄養源

学生の頃は美術館や画廊をよく回っていました。一週間に5〜6件は回っていました。
好きで回っていましたが、勉強の意味もありました。

別府に来てからは、自然に触れたり自然の風景を見ているからか、
美術館や画廊に出掛ける事が少なくなっていきました。

今は、、野菜を育てたり花に触れることから、籠作りの栄養をもらっている気がします。
posted by 林 まさみつ at 17:31| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

休日に

休日の昨日、宅配便の方が来られて「今日もお仕事ですか」と言われました。

そして、取引先から電話が入り「お休みの日もがんばっておられますね」と言われました。

そう言う皆さんもお仕事をされているわけで、なんだか大型連休の気がしません。
posted by 林 まさみつ at 09:55| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

小さな楽しみ

K0010289.JPG

大型連休直前、素晴らしく良い天気になりました。青空の下、フランスエンドウの花がたくさん咲いています。

1月の引っ越し直後に、自宅から苗を二本持ってきて植えておいたものです。
すでにスタッフが二回程収穫しています。

posted by 林 まさみつ at 20:31| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

新作透かし編みバッグが人気

RIMG06901.jpg

豊橋のらんしょうさんでは、新作の透かし編みバッグが一番人気があるようです。二点送ったのですが、初日の午前中に二点ともお買い上げいただいたそうです。工房にはストックがありませんので、10月納品で注文を受けていただくことにしました。それでも注文が増えていきます。

何が良かったのか、店主の市橋さんに尋ねてみました。

編み目が目新しいこと。手の握り、縁、ジョイント部分などの細かい籐のかがりが目を惹いているようです。お客様は細かい所もしっかり見ていますよ、と。
posted by 林 まさみつ at 16:22| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無人販売所

K0010287.JPG

以前、毎日通っていた道を久しぶりに通りました。すると、無人販売所が出来ていました。
ちょっと楽しい気分になって、立ち寄ってみました。
マーガレットの苗一鉢。水菜とチンゲン菜のセット一袋。しめて200円。コイン入れに入れてきました。
posted by 林 まさみつ at 14:43| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

今日から大丸京都店で

今日から大丸京都店6Fで作品展が始まりました。

バッグ中心の点数の少なめな作品展ですが、去年から今回の作品展を待っていて下さったお客様が、バッグをお目当てに初日にお越しいただいたそうです。

そのお客様のご感想から、次の改善点が見つかりました。ありがとうございました。
posted by 林 まさみつ at 22:24| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花の名前

花の名前を教えていただきました。21日のブログの花はネモフィラ・マキュラータと言うそうです。
アメリカ原産で英国名はファイブ・ポイント。

写真の花はフォー・ポイントになっていますが、他の花は五枚の花びらに五つの班が付いています。

教えていただきありがとう御座いました。
posted by 林 まさみつ at 12:47| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

鹿の子柄バッグ

昨年、作品展をさせていただいたギャラリー庵さんからお問い合わせをいただきました。

お客様がDMの、柄のあるバッグを作って欲しいと言われるのですけど。

昨年DMに使ったバッグは柄紋シリーズの中の鹿の子柄バッグです。
僕も好きなのですがここのところ作る時間がありません。10月納品と言うことでお受けしました。

幅30×奥行き11×高さ15センチ

20130423.jpg

●林まさみつ竹工芸展
2013年4月13日(土)〜27日(土)
11:00〜19:00(水曜定休日)

〒440-0888 愛知県豊橋市駅前大通2-53-20 

ギャラリー濫觴 (らんしょう)

п@0532-52-8538 Fax:0532-52-8541

濫觴さんのサイト
林まさみつ竹工芸展のページ

花籠、竹バッグ、かごクラフトの出品です。

●林まさみつ特集
2013年4月24日(水)〜5月7日(火)

〒600-8511
京都市下京区四条通高倉西入立売西町79番地

大丸京都店 6F 美術売場

п@075-241-6861

花籠、竹バッグの出品です。
posted by 林 まさみつ at 19:01| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

可愛い花

K0010283.JPG

庭の、手入れをしていない鉢に咲いていました。なんと言う名前でしょうか?
posted by 林 まさみつ at 22:49| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

末広温泉スタンプカード

K0010284.JPG

K0010278.JPG

別府と言えば温泉です。末広町にある共同浴場・末広温泉が今、話題なっています。
そのわけは、共同浴場としては珍しくポイントカードを始めたからです。スタンプ10個集めると無料入浴券1枚、さらにこの10スタンプカード3枚集めるとオリジナルタオルがもらえます。見せていただいたのですが、かなり上質なものです。
この末広がりで縁起のいいタオルにひかれてぼくは、末広温泉に通っています。
浴槽も洗い場も広く、お湯の温度ちょうど良く快適です。
posted by 林 まさみつ at 22:46| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

扇山火まつり

K0010277.JPG

仕事帰りに見ました。

冬の間、扇山で休暇をとっている温泉の神々に春を告げるおまつりだそうです。
posted by 林 まさみつ at 11:33| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

蒸籠のふた

K0010266.JPG

蒸し料理に使う、せいろのふたの修理を、台湾料理のお店の方に頼まれ出来上がったところです。
 持ち手が壊れてしまっていましたので作り直しました。
プロが使っているからか、いい感じに使い込まれています。直径40cm位あります。
posted by 林 まさみつ at 22:45| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

光に透ける編み目

20130224K0010246.JPG

かごを作っていると、時々美しいと感じることがあります。作り手だからか、完成したものより完成前のものにそう感じます。完成から遠ければ遠いほどいいかもしれません。例えば、編み地よりヒゴ。ヒゴより竹そのもの。
これは今作っているバッグの編み目です。バッグの編み地を内側から撮ったものです。光に透けると編み目が美しい。
posted by 林 まさみつ at 19:52| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事をTwitterにつぶやく