2013年02月24日

光に透ける編み目

20130224K0010246.JPG

かごを作っていると、時々美しいと感じることがあります。作り手だからか、完成したものより完成前のものにそう感じます。完成から遠ければ遠いほどいいかもしれません。例えば、編み地よりヒゴ。ヒゴより竹そのもの。
これは今作っているバッグの編み目です。バッグの編み地を内側から撮ったものです。光に透けると編み目が美しい。


posted by 林 まさみつ at 19:52| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

てんとう虫

てんとう虫2.jpg

新しい工房に、小さな看板を取り付けました。

今朝、きのうからの雨が上がり、幸せを呼ぶというてんとう虫が止まりました。

新工房は古い家ですが、少しずつきれいにしていこうと思っています。
posted by 林 まさみつ at 14:06| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

工房の移転

K0010241.JPG

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今年は新年早々、工房の引越しで始まりました。25年以上使っていた仕事場ですが、家主さんの都合で急に空けることになりました。

時間を掛けて、新しい仕事場作りをしたいところですが、今年もたくさんの注文をいただいていますし、作品展の予定もたくさん入っています。片付けもそこそこにして、そろそろ制作に入ろうと思っています。

新しい場所で、新しいアイデアがでそうです。
今年もよろしくお願い致します。
posted by 林 まさみつ at 09:28| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

浜脇 トムヤムクン

20121209taiK0010229.JPG

20121209taiK0010228.JPG

柳からの帰り、丁度お昼でしたので浜脇にあるタイ料理の店に行くことにしました。ここで、とても美味しいタイのスープ、トムヤムクンのセットを食べました。シェフのおすすめです。

小さなお店ですが、料理の種類は豊富です。妻はライスは最高級のタイ米でなくて良いから、もう少し多い方がいいといっていました。

飲み物はココナッツミルクフレーバーのコーヒーにしました。初めてでしたがこれも美味しかった。

お店を出る頃には、冷えた体も暖まっていました。
posted by 林 まさみつ at 20:02| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柳 三十三体観音

20121209K0010225.JPG

20121209K0010226.JPG

この冬一番の、みぞれ降る寒さ中、二時間程の小旅行をしました。
写真は別府市柳のなんということはない山間の風景と、柳で見つけた三十三体観音。

何でこんなところに、でも誰もいないのでわからないまま帰ってきました。
posted by 林 まさみつ at 19:59| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

接着剤の悩み

カゴを作るときに、時々接着剤が必要になります。少量なのですが。これまではなるべく自然素材の接着剤を試してきましたが、今迷っています。自然素材の接着剤は僕にとってマイナス要因もあります。

扱いづらい
接着力がやや弱い
購入単位が大きい

などです。
これまでいろいろ試して来ましたが、柔軟性がない、漆に反応する、水に弱いなど使えなかったものも多くありました。そんな中でもブレーマー社かアウロ社のものが良いかなと思っています。が、当工房にとって量が多すぎ、多くを使いきれずにダメにしてしまうのです。

何か良いアドバイスをいただけませんでしょうか。

posted by 林 まさみつ at 20:23| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

先輩の訪問

K0010218.jpg
「林くん居る〜」と、突然工房を訪れたのは、先輩S夫妻。

先輩S夫妻はいつも突然訪れます。突然の上、いつものハイテンションで話し始めます。静かな工房のスタッフも全員、仕事の手を止めて話を聞きます。先輩のお話は聞きもらせませんし、仕事をしながら聞くことはできません。工房のその日の予定は二の次です。

訳あって半年程別府を離れていた先輩S夫妻、久しぶりに家に帰ってみると、家の中はカビだらけで、戸棚の中も・・・と言うような話を一時間されて帰っていかれました。もちろん、仕事の大事なお話も。

ありかとうございます。
posted by 林 まさみつ at 09:29| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

ボカシ肥料

毎年お米を分けていただいている庄内の方から、今年は米ぬかも分けていただきました。米ぬかの発酵肥料をつくるためです。

 発酵には、比嘉照夫さんの開発したEMを使います。酵母や乳酸菌などいろいろな微生物が混ざったものです。10リットルのバケツ一杯つくりました。
 うまく仕上がるといいのですが。
 
佐藤さんありかとう。
posted by 林 まさみつ at 19:50| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

ポストカード

K0010215 (1).JPG
こんなポストカードを作りました。
この作品は「成長する人々とチェルノブイリの子ども」と言います。
1988年制作です。

この頃は、広瀬隆さんが別府へ講演によく来られていました。
チェルノブイリ事故後、別府は脱原発の気運が高まっていました。
別府は鼻の先に伊方原発がありますから。
しかし、何も変わりません。
posted by 林 まさみつ at 20:56| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

炭化竹

image.jpg
ここのところ、みがき、割り、はぎをして貯めた材料を炭化に出しました。工房には炭化をするための釜がありませんので外でお願いをします。炭化は自然な着色法のことで、染色をする代わりに炭化をすることがあります。簡単に言うと、竹や木材を高圧高温で蒸し焼きにする技術です。

来年の新作竹かごバッグは、炭化竹を中心に使う予定です。明るい色のバッグになります。
posted by 林 まさみつ at 22:03| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

ちりめんモンスター

K0010194.JPG
昨日の夕食にちりめんじゃこがでました。別府湾のちりめんじゃこです。

写真のようにいろいろ混ざっています。
タコ、アジ、タチウオ?・・・・・イカも混じっているそうですが、タコとの区別ができません。
これらをちりめんモンスターと言うそうです。

選別する手間を省いているわけですが、けっこう楽しめます。もう少し少ないと希少価値が出て、発見する喜びも増すかもしれませんが。
posted by 林 まさみつ at 18:47| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

竹を剥ぐ

K0010192.jpg
みがき、割り、の次ははぎです。
竹の皮に近い側と身側を、剥いで二つに分けます。

写真右側は、それをさらに二つに割り、再び剥いだものです。これをさらに剥ぎます。
posted by 林 まさみつ at 16:35| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

竹を割る

K0010185.JPG
竹をみがき終わったら、竹を割ります。写真は竹を二つ割りにしたものと、さらに細かく割ったものです。細かく割ったものはバッグの編みひご二本分です。
竹割り包丁が二本。大きな方は二つ割り用。もう一本が主に使う竹割り包丁。これは、かつて職人さんが使っていたものを二十代の終わり頃にもらい受け、今まで、ずっと使っています。柄は付いていませんでしたので、自分で作りました。また、重すぎバランスが悪かったので、刃の先の方を丸く削って、軽く使いやすいバランスにしました。それでも人には、重いと言われることがあります。
posted by 林 まさみつ at 21:18| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

みがき

image.jpg
花籠は漆塗りに入りました。
今日からは、バッグ用の材料取りです。写真は竹の表面の皮を削り取っている所です。「みがき」といいます。染色や漆を施すために皮を削り取っておく必要があるのです。
下の方に見えるカンナグズの様なものが、皮の部分です。

posted by 林 まさみつ at 20:51| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

静止して見える独楽

20121108K0010133.jpg
静止して見える独楽ほど勢いよく回っている

かつて、美術家の堀尾貞治さんがこんなことをおっしゃっていました。
ぼくもこのように、充実して集中した製作時間を日々送りたいと思います。

冬を迎えるこれからの季節、一年で最もそういう時間を持てる環境です。

先日、底編みでしたが、ほぼ形になってきました。
posted by 林 まさみつ at 16:52| Comment(2) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

青いミニトマトの天ぷら

K0010177.jpg
10月24日に植えた空豆の種の芽が出てきました。元気良さそうです。

日曜日に自家製の椎茸やカボチャをいただきました。いただいた方は天ぷらにしたそうで、我が家でも。
そんな話をスタッフMさんにしていると、まだ青いミニトマト成っていますか、といいます。実は青いミニトマトはフライにすると美味しいと教えてくれました。以前観た「フライ・ド・グリーントマト」と言う映画の中でも青いトマトを揚げていたのだそうです。
それで、昨夜は青いミニトマトの天ぷらも作ってもらいました。

ほどよい酸味がとてもおいしかったです。
posted by 林 まさみつ at 12:43| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

里芋

K0010176.jpg
日曜日の朝、里芋を掘りました。少しずつ掘って食べていましたが、これが最後です。新鮮な里芋は本当に美味しい。人間が古くから食べてきたものの一つですね。
posted by 林 まさみつ at 14:47| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

花籠の製作

K0010171.JPG
今、花籠の製作を始めています。春にいただいた注文分でシュウカイドウの大きいサイズです。写真は底にあたる部分です。出来上がると、草花がよくあう花入れになります。
posted by 林 まさみつ at 19:59| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

注文をいただきました

9月10月と新作の見本作りを続けてきました。先日完成しましたので、取引先に送りました。その結果、たくさんの注文をいただきました。そして、課題もたくさんいただきました。11月に入り、これから本格的に製作を始めます。

でも、その前に少し休みをとりたいですね。ゆっくり温泉にでも入って。

温泉にはいつも入っていますけど・・・別府ですから。

20121101K0010156.JPG
栗の渋皮煮
posted by 林 まさみつ at 20:10| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストーブを出す

昨夜はきれいな月でした。
今朝は朝から冷え込んでいます。外にある水槽を洗い終わったスタッフSさんは「今からストーブを出します」と宣言。
急きょ、夏に使った扇風機を片付け、ストーブをだしました。

北海道の知人は、ずいぶん前から使っていると言っていましたが、ここもそろそろですね。
posted by 林 まさみつ at 12:30| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事をTwitterにつぶやく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。