2012年08月07日

2012年8月7日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 立秋 No.133

20120807RIMG0518.jpg

・花:ムクゲ 
・花器:掛け花籠 ぽけっと

   ・二十四節気:立秋(りっしゅう)
暑気強くとも涼風吹き始め、秋の気配立つと言う意で立秋と言う。

暑中お見舞い申し上げます。早朝にカナカナカナと蜩が鳴き、一日の始まりを知らせてくれます。蜩は夕方にもカナカナカナと鳴き、避暑地にでも来ているような気分にさせてくれます。
posted by 林 まさみつ at 16:05| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

2012年7月7日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 小暑 No.131

20120706RIMG0508.jpg

・花:キキョウ 葉:アヤメ ツルニチニチソウ 
・花器:掛置き花籠 むらさきの

   ・二十四節気:小暑(しょうしょ)
暑熱いよいよ盛んとなるので小暑と言う。毎年七月七日頃である。

梅雨の晴れ間、というほどさっぱりした天気ではありませんが、今朝、今年初めてのキキョウがさきました。梅雨明けも間近です。
posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

2012年6月21日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 夏至 No.130

20120621RIMG0510.jpg

・花:ギボウシ
・花器:掛花 ほうび竹滴

   ・二十四節気:夏至(げし)
太陽が黄道の北端を通る日なので、北半球では一年中で最も昼の長い日で、暑気も厳しくなる。毎年
六月二十一日頃である。

梅雨時に似合う花の代表といえばアジサイですが、このギボウシも雨に似合います。
それにしても、昼間が一番長い時季が梅雨というのは、よく出来ているなと思います。
posted by 林 まさみつ at 13:12| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

2012年6月6日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 芒種 No.129

20120606RIMG0506.jpg

・花:ドクダミ
・花器:掛花 ほうび竹滴

   ・二十四節気:芒種(ぼうしゅ)
芒(のぎ)のある穀類の種子を蒔く大切な時期なので芒種という。毎年六月六日頃である。

気が付くとドクダミの花がいっぱい咲いています。ドクダミは葉と花の姿がいいです。
熊谷守一さんの絵にもドクダミの花がありますね。
posted by 林 まさみつ at 12:47| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

2012年5月6日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 立夏  No.127

20120506RIMG0463.JPG

・花:八重小手毬 ムラサキカタバミ
・花器:掛置き花籠 むらさき

   ・二十四節気:立夏(りっか)
太陽の光熱いよいよ強く、夏の気立ちがのぼると言う意で、立夏といわれる。毎年五月六日頃である。

新緑の季節になり、鳥のさえずりと共に目が覚めます。鳥の鳴き声は平和な気持ちにさせてくれますし、花に似た美しさがあります。でも、作物を食べられてしまいますので、美化ばかりもしていられません。

posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

2012年4月4日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 清明  No.125

20120404RIMG0449.jpg

・花:蕪の菜の花 花だいこん
・花器:掛花かご ホウビ竹びく

   ・二十四節気:清明(せいめいん)
春の日差し強く天空清く晴れ渡るという意で、清明と呼ばれる。

花の季節になりました。花ざかりですね。籠屋の季節の始まりでもあり、緊張感のある季節でもあります。
posted by 林 まさみつ at 13:37| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

2012年3月20日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 春分  No.124

20120320RIMG0446.jpg

・花:ジンチョウゲ
・花器:掛置花かご しもがすり

   ・二十四節気:春分(しゅんぶん)
太陽黄経0度、昼と夜を等分に分かつ日とあって、春分と言われる。この日は春の彼岸の中日とされ、毎年
三月二十一日頃である。

春分の日は昼と夜の長さが同じとされていますが、実際には3〜4日前が同じ長さになるのだそうです。
ですから、今日は昼の方が長いということになります。
posted by 林 まさみつ at 13:21| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

2012年3月6日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 啓蟄  No.123

P1050847.jpg

・花:ウメ
・花器:掛花籠 びく

   ・二十四節気:啓蟄(けいちつ)
地中で冬眠した虫類が、陽気で地上に這い出す頃の意で啓蟄と言う。毎年三月六日頃である。

posted by 林 まさみつ at 12:46| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

2012年2月19日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 雨水  No.122

20120219RIMG0441.jpg

・花:スイセン
・花器:掛花籠 むらさきの

   ・二十四節気:雨水(うすい)
冬の氷水が陽気に溶け天に昇り、雨水となって降るの意で雨水という。毎年二月十九日頃である。

雪が雨に変わり、氷が解け、水になる頃と言われていますが、今年の雨水は寒く、今朝の外の水道の
蛇口は凍っていました。「雨水の日にひな人形を飾ると将来、良縁に恵まれるという言い伝えがある」
と新聞のこよみにかいてありました。
posted by 林 まさみつ at 12:57| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

2012年2月4日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 立春  No.121

20120204RIMG0431.jpg

・花:スイートバイオレット
・花器:掛花籠 びく

   ・二十四節気:立春(りっしゅん)
立春は冬の陽気に閉ざされた万物に、春の陽気が立ち始めると言う意味で立春と言われる。毎年二月四日頃である。

作品展のDM用の写真の撮影をするために、近くのハーブガーデンで花を分けていただきました。
これはDM用には使わなかった花です。
僕のカメラはすみれ色がうまく出ないのが残念です。
posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

2012年1月21日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 大寒 No.120

20120121P1210077.jpg

・花:ヤブツバキ
・花器:掛花籠 雨つぶ

   ・二十四節気:大寒(だいかん)
一年で最も寒いころ。最低気温が観測されるのもこのころから立春までの間が多いそう
(おうちで楽しむにほんの行事 文 広田千悦子 技術評論社)より 

大寒のヤブ椿は、紅一点のイメージそのものですね。


posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

2012年1月6日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 小寒  No.119

20120108RIMG0394.jpg
・花:南天の実
・花器:掛花籠 まめまめ

   ・二十四節気:小寒(しょうかん)
寒さが次第に厳しくなるころ。この日が「寒の入り」で、節分までの間を「寒の内」という
(おうちで楽しむにほんの行事 文 広田千悦子 技術評論社)より

ナンテンは難転とも書け、災いが転換するという意からおめでたいものとされています。
「災い転じて福となす」

昨年の災いが転じることを願って。



posted by 林 まさみつ at 20:07| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

2011年12月22日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 冬至  No.118

20111222RIMG0320.jpg

・花:スイセン
・花器:掛花籠 むらさきの

   ・二十四節気:冬至(とうじ)
北半球では、昼が最も短く夜が最も長い日。この日を境に次第に昼間の時間が長くなる
(おうちで楽しむにほんの行事 文 広田千悦子 技術評論社)より

posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

2011年12月7日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 大雪  No.117

201112072RIMG0323.jpg

・花:サザンカ
・花器:掛花籠 むらさきの

   ・二十四節気:大雪(たいせつ)
少しずつちらほら雪が降りはじめる。本格的な冬の到来
(おうちで楽しむにほんの行事 文 広田千悦子 技術評論社)より

このサザンカの花の撮影の翌日、花びらがハラリと見事にくずれ落ちました。
植物の命は誰がつくるのか。
その答えはいつかわかる時が来るのでしょうか。
posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

2011年11月23日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 寒露  No.116

20111121RIMG0288.jpg

・花:キク
・花器:掛花籠 びく

   ・二十四節気:小雪(しょうせつ)
少しずつちらほら雪が降りはじめる。本格的な冬の到来
(おうちで楽しむにほんの行事 文 広田千悦子 技術評論社)より

物がとても美しく見えるときは、
その人の心が美しいからなのだと
私は思います。1997年7月 船越保武(彫刻家)

(展覧会の感想を送ってくれた子供たちへの手紙より)

posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

2011年11月8日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 立冬 No.115

20111108RIMG0258.JPG

201111082RIMG0263.JPG

・花:タイワンホトトギス
・花器:掛花籠 まめまめ

・花:ツワブキ
・花器:掛花籠 しずく

   ・二十四節気:立冬(りっとう)
この日から立春の前日までが暦の上での冬。昼間の時間も短くなる
(おうちで楽しむにほんの行事 文 広田千悦子 技術評論社)より 

「いつもかわいがっていただいて、ありがとうございます。」

中丸薫さんは、植物と会話ができるそうです。この言葉は、リビングの鉢植えの植物に話しかけたときの第一声だそうです。
 中丸薫(国際政治評論家・太陽の会主宰)さんの著書『UFOと月のミステリー』より
posted by 林 まさみつ at 00:00| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

2011年10月23日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 霜降 No.114

20111023RIMG0242.JPG

・花:ミゾソバ、ミズヒキソウ、アザミ
・花器:掛花籠 しずく

20111023RIMG0245.JPG

・花:秋明菊
・花器:掛花籠 むらさきの

   ・二十四節気:霜降(そうこう)
朝夕の気温が下がり、霜も降りはじめる。冬の到来が感じられる
(おうちで楽しむにほんの行事 文 広田千悦子 技術評論社)より 

今回は、花がいろいろ集まりましたので、写真を2つアップすることにしました。

唐突なのですが、みなさんは、植物と会話したいと思ったことありませんか。もしも特別な能力を与えられるとしたら、植物と会話してみたいと思ったりしています。聞こえない方が幸せかもしれませんけれど。
posted by 林 まさみつ at 13:38| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

2011年10月9日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 寒露  No.113

20111009RIMG0474.jpg

・花:ノコンギク
・花器:掛花籠 しずく

   ・二十四節気:寒露(かんろ)
冷気で朝露も凍りそうになるという意味。朝の空気も一段と冷たく感じられ、秋が深まるころ
(おうちで楽しむにほんの行事 文 広田千悦子 技術評論社)より 

すっかり秋らしくなり、気が付けば野紺菊が咲き始めています。園芸品種の刺激的な美しさに慣れ親しんでいますが、野紺菊のような素朴な美しさもいいものですね。
posted by 林 まさみつ at 18:11| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

2011年9月23日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 春分  No.112

20110923RIMG0172.JPG

・花:ヒガンバナ・キンミズヒキソウ
・花器:掛花籠 

   ・二十四節気:春分(しゅんぶん)
この日の前後七日間が彼岸。昼夜の長さはほぼ同じになり、夜の時間がだんだん長くなる
(おうちで楽しむにほんの行事 文 広田千悦子 技術評論社)より  
posted by 林 まさみつ at 11:04| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

2011年9月8日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 白露  No.111

20110908stRIMG0103.JPG

・花:ニラ
・花器:掛花籠 まめまめ


   ・二十四節気:白露(はくろ)
明け方、草木に露が宿ることが多くなるころ
(おうちで楽しむにほんの行事 文 広田千悦子 技術評論社)より  

posted by 林 まさみつ at 11:21| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事をTwitterにつぶやく