2015年11月10日

箸の新シリーズ

かごの改良に取り組んでいることを書きましたが、箸の新作も取り組んでいます。昨年の新作、やさしい色シリーズの「いちまつ」と「たまゆら」、人気があるのに未だ定番化出来ていません。制作が追い付いていないのです。それにも関わらず、新シリーズの開発に取り組んでいます。スタッフには呆れられていますが。

先日、「いちまつ」を内祝いの品に使いたいとご注文をいただきました。昨年、新作をご購入いただいたお客さまからです。

ありがたいことです。

posted by 林 まさみつ at 13:24| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

珍しい仕事

今年は和花の会を主宰するひなたぼっこさんで花籠の展示会をしていただいたり、
着物作家の中野みどりさんの個展会場で竹バッグを展示していただいたり、
珍しい仕事もありました。

今はオフシーズンなので展示会はありませんが、今後新しい形の仕事が増えてくるのだろうなと思います。



posted by 林 まさみつ at 17:45| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月8日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 立冬 No.210

20151108.jpg

   ・二十四節気:立冬 (りっとう)
冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也(暦便覧)
この日から立春の前日までが冬。日は短くなり時雨が降る季節。
北国や高山からは初雪の知らせも届き、関東では空っ風が吹く頃。

今日は雨がぱらつくという予報だったが、日差しが強く気温が異常に高い。エンドウが芽を出すのにちょうどいい日かもしれない。

・花:小菊
・花器:掛花 ミニびく


posted by 林 まさみつ at 17:38| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

竹バッグの改良

久しぶりにブログを書きます。
今年は年明けからかご制作に集中しています。ブログを更新することも本を読むことも控えて。特に竹バッグの改良に多くの時間をさいています。新しいハンドルの試み、新しいジョイント、縁巻き、色、布すべてのパーツに新しい試みをして、さらに改良をして。全く同じものを2つ作らない覚悟で制作を続けています。
今年も作品展はありましたので、その都度出品してきました。


posted by 林 まさみつ at 09:26| Comment(0) | 花籠づくり工房雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

2015年10月24日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 霜降 No.209

20151024.jpg

   ・二十四節気:霜降 (そうこう)
つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也(暦便覧)
北国や山間部では、霜が降りて朝には草木が白く化粧をする頃。野の花の数は減り始める、代わって山を紅葉が飾る頃である。

・花:ツワブキ
・花器:掛花 むらさきの
posted by 林 まさみつ at 17:04| Comment(0) | 花道家のコトバから学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

2015年10月8日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 寒露 No.208

20151008PA040818.jpg

   ・二十四節気:寒露 (かんろ)
陰寒の気に合って、露むすび凝らんとすれば也(暦便覧)
冷たい露の結ぶ頃。秋もいよいよ本番。菊の花が咲き始め、山の木々の葉は紅葉の準備に入る。稲刈りもそろそろ終わる時期である。

・花:トレニア、水引草
・花器:涼々

posted by 林 まさみつ at 12:25| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

2015年9月9日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 白露 No.207

   ・二十四節気:白露 (はくろ)
陰気ようやく重なりて露こごりて白色となれば也(暦便覧)
野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる頃。朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める。

posted by 林 まさみつ at 12:28| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

2015年8月8日 季節の花と掛け花籠と二十四節気  立秋No.205

20150808P7280787.jpg

   ・二十四節気:立秋 (りっしゅう)
初めて秋の気立つがゆへなれば也(暦便覧)
この日から立冬の前日までが秋。一年で一番暑い頃であるが、一番暑いと言うことはあとは涼しくなるばかり。暑中見舞いはこの前日まで、この日以降は残暑見舞い。

・花:スイートバジル、ローズマリー、ミント
・花器:ほうび竹掛花
posted by 林 まさみつ at 12:56| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

2015年7月23日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 大暑 No.204

   ・二十四節気:大暑 (たいしょ)
暑気いたりつまりたるゆえんなれば也(暦便覧)
最も暑い頃という意味であるが実際はもう少し後か。夏の土用の時期。学校は夏休みに入り、空には雲の峰が高々とそびえるようになる。

K0010546.jpg

K0010545.jpg
posted by 林 まさみつ at 13:43| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

2015年7月7日 季節の花と掛け花籠と二十四節気 小暑 No.203

20150707P7080768.jpg

   ・二十四節気:小暑 (しょうしょ)
梅雨明けが近く、本格的な暑さが始まる頃。集中豪雨のシーズン。蓮の花が咲き、蝉の合唱が始まる頃である。

・花:
・花器:
posted by 林 まさみつ at 12:38| Comment(0) | 二十四節気と掛け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事をTwitterにつぶやく

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。